月別: 2016年9月

左手の薬指にはめる結婚指輪の意味

結婚指輪は一生を共にする、相手を裏切らない、嫌な言いかたをすると、結婚の契約を結ぶ証拠の指輪という事になります。古代ローマ、ギリシャなどで利用されていた結婚指輪は、まさしく契約、約束という意味合いが強く、男性と女性がこの先、一生を共に生きる契約を交わす際に交換する指輪という事になります。

永遠という意味を表すのがリングです。リングは途中で切れることなく永遠にリングの形を保ちます。その形を崩さないことが約束を破らないこと、この愛が途切れないことを表していて、特にプラチナなどの強い素材が利用されます。最近は、絶対に形が変わらないという事から、チタンなどの素材の指輪を結婚指輪に利用するというカップルもいます。

左の手の薬指は古代、心臓と直結している指とされ、非常に大切な指と認識されていました。そのため、この指に約束のリングをはめることで、より強い契約、約束を交わしたという事になるわけです。

また一説によると、女性の左手の薬指は魔性の指と呼ばれ、浮気心を起こさないように、その魔性を止めるため、左手の薬指に結婚指輪をはめる事がふさわしいとされる説もあります。

いずれにしても、結婚指輪を付けるという事、交換するという事は、簡単な事ではなく、非常に深い意味を持っているという事を理解しておかなければなりません。